便利グッズで名前つけを楽にしよう!

どこにつけるのが正解?

衣類の名前つけ

名前つけが一番多いのはやはり衣類でしょうか。
洋服や靴下に一つ一つ名前を付けていないと、いつの間にかどこかへいってしまうことは保育園ではよくあることです。

洋服の名前つけは、タグに最初にご紹介したお名前スタンプが基本です。
洗濯にも強く、ぽんっと押すだけでよいという手軽さがおすすめです。
服のタグのサイズによって、お名前スタンプの形などを変えれば応用できます。

靴下は、子供がぽんぽん脱いでしまって無くしてしまうことが多いものです。
靴下への名前つけはアイロンフロッキーがおすすめです。
名前をつけるなら、足先の方が履き口などよりもよれにくいのでおすすめです。
ものによっては、名前を書くスペースがあらかじめ用意されている靴下もあるので、そちらも使ってみて下さい。

タオルや布団は?

身の回りのものにも、どんどん名前つけをしていきましょう。
タオル類は、様々なものがありますが、タグや名前を書くスペースが確保されているタオルの場合はそこにお名前スタンプで良いです。

もしそういったタグ類が無い場合は、アイロンフロッキーで端っこの方につけましょう。
あまり買い換えないものですから、少し手間をかけてもよいかもしれませんね。

お次は布団カバーです。
これまでご紹介した保育園用品の中で最も大きいお布団カバーですが、こちらはアイロンや縫い付けることができるゼッケンなどがおすすめです。
それこそ一つや二つしか購入しないものですから、ゼッケンに手書きでもOKです。
手書きよりきれいにつけたいという場合は、プリントできる布を使って名前を印刷し、アイロンでつけるのも手です。


この記事をシェアする